きりの実 -satoyama no iro-

南信州駒ヶ根の小さな小さなログハウスのお店

ソースカツ丼

カツ丼こだわり

「きりの実のソースカツ丼のコンセプト」

「駒ヶ根ソースカツ丼」といっても千差万別。きりの実ソースカツ丼のこだわり

①ジューシーさが体感できる国産のチルド肉を使用する事。

ロース

カツの旨さを追求すれば必ずたどり着く「チルド流通」。

お肉は一度冷凍すると急激な温度変化に細胞が壊れ、旨味成分(肉汁)がドリップに変わり流出します。それは解凍するときにもう一度同じことがおこるのです。

お肉は冷凍することで、美味しさとの代償に保存を可能にし、流通もし易い為に安価な食材となります。ロスが出ずローコスト、現在、惣菜屋やとんかつ・かつどんを出すお店のほとんどがこの冷凍肉を使用しています。

きりの実では「駒ヶ根で一番旨いソースカツ丼」を掲げ、カツの美味しさを本当に楽しみにしていただいているお客様の為だけに、あえて冷凍をしない「チルド」のお肉を使用することにこだわります。
是非、揚げたてのふっくらした食感と肉から溢れでるジューシーなお肉の旨味をご堪能ください。

②お子様・ご年配者も食べられる柔らかいカツである事。 

SHIN9996-68_original

―徹底した筋切り―

「サクッっと歯切れよいトンカツ」の為に、ロースの下処理には手間暇をかけます。どこを召し上がっても歯切れよく、食べたい一口サイズを自由に調整できるようお肉の筋を切ります。こうすることで揚げてもお肉が反ることなく、お客様それぞれのお口にあったところで、サクッと柔らかいかつを堪能できるようになります。

③しつこくなく、あっさりと食べられるソースである事。

SHIN0036-75_original

きりの実のソースカツ丼コンセプトは「あっさりと食べられる事」。従来はウスターソースがベースとなる重量感のあるソースが主流ですが、きりの実では蕎麦で培った和醤油と出汁のノウハウから、醤油ベースでいて、しっかり旨味が乗った独自のオリジナルソースを使用しております。

④「お腹いっぱい」ではなく、「美味しかった」という感想をいただける事。

SHIN0072-91_original

きりの実では全てのお料理において「上質」が最優先されます。見た目のインパクトやお腹の充足感の為にそれを犠牲にすることはありません。常に「味」「キレイさ」「食べやすさ」+「美味しく食べる為の知識」にこだわります。

⑤駒ヶ根で常に一番美味しいソースカツ丼を目指します。

SHIN9997-69_original

「旨い物が食べたい」「ハレの日のご馳走に」「自分へのご褒美」と思った時に思い出していただけるお店を目指します。そんな皆さんの小さな幸せをたくさん演出するお手伝いができたら幸いです。その為に常に地域で一番美味しいソースカツ丼を探求し続けます。